Meet My Amami Web

Meet My Amami WEBライター 紹介記事     

                                          By赤井洸太

【はじめに】

皆さん、こんにちは。Meet My Amami WEBサイト運営チームのたまごやきです。この記事では、今後奄美のとっておきの情報について発信していくライターを紹介していきます!

【Meet My Amamiとは?

 私たちMeet My Amamiは、慶應大学SFCの授業で出逢った3人の大学生から始まり、現在は奄美初の学生団体として「島外の大学生」と「島内の高校生」で活動をしている学生団体です。

 奄美大島を多くの若者が行き来する「結いの島」にすることを目標に、大学生×高校生の若い力を合わせて情報発信の活動をしています。奄美で生まれ育っていても、そうでなくても、日本中の若者が「また帰りたくなる」奄美を知ってもらいたい。そんな思いを胸に魅力を発信を行っていきます!

※リンク : MMA自己紹介記事

【MMAライター紹介】

◎ たまごやき

MMAの運営兼ライター。野球観戦と戦国武将を愛する新聞部員。両親のUターンで奄美にやってきて5年目。趣味を語り始めると呼吸をすることを忘れてまくし立ててしまい、数分後には過呼吸になる。最新の流行には鈍感で、時代の流れに逆行したものにハマってしまう傾向は高校の先生から「初老」と評されるほど。大和村に住む祖母のたまごやきが好物。

◎ とびんにゃ

MMAのアシスタント兼ライター。ピアノ歴12年の学級副委員長。あと元英語部部長。応援団長もやる予定。奄美の山と海と朝日を見ながらバスで1時間かけて通学している。両親ともに奄美出身、祖父母は加計呂麻島出身の生粋の奄美人。島の海鮮が大好きで、特に「とびんにゃ」が大好き。「とびんにゃ」とは、南西地域に生息する巻貝のこと。マジで美味い。正式には「マガキガイ」。集落ごとに呼び名が違って面白い。

◎ 小森健登

MMA創設メンバー。慶應義塾大学環境情報学部卒業。ドイツ育ちという背景の関係上日本の文化と触れ合う機会が少なく、奄美の文化、自然の魅力に夢中になりMMAの立ち上げを決意。団体の経営方針、事業計画立案などを初めWeb事業の代表を務める。

主将として初めて慶應大学を全日本ライフセービング学生選手権プール大会団体優勝へ導く(2023)

全日本ライフセービング学生選手権大会個人優勝(2022) 

BMW,BOSCH新規技術開発事業担当

小泉体育奨励賞受賞(2023)

◎こはな

奄美生まれ奄美育ち。音楽、読書、漫画・アニメ視聴、食べること、寝ること、動くことが好き。たくさんの人に奄美を知ってほしいという思いからMMAへの参加を決めた。運営や情報発信には疎いが他のメンバーから吸収中。

◎ちゃみん

ロードバイク、ランニング、卵焼きを作ること(たまごやきとは関係ありません)が趣味。エンゲル係数高め。奄美在住の高校生。北海道で就職する予定。文系なのに理系科目の方が得意。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *