オリジンストーリー Meet My Amamiの設立メンバーについて

記事① MMA 自己紹介

1期生

【名前】MAYUKA

​【役割】共同代表、企画運営、SNS運営、カメラマン

​【所属】慶應義塾大学 総合政策学部

​【豆知識】

​・アメリカとシンガポールの帰国子女で、韓国のクォーターです🙌

​・写真と人が好きでカメラマンをやっています📸

​・大学では国際関係の勉強をしており、Z世代マーケティング・広告のお仕事もしています📱

​【MMA参加の理由】

自分自身今まで奄美と縁があった訳ではなかったのですが、島に遊びに行ったことをきっかけに、現地の皆さんの温かさや美しい自然・文化に心惹かれてしまいました。

​奄美ではいつでも「おかえり」と言って迎え入れて下さる方が多かったり、大島紬や島唄などの素敵な伝統文化があったり、本当に魅力の多い島で大好きです!

しかし、東京に帰ってから、同世代での知名度が低く、その魅力を知らない子が多いことに盛大なショックを受けました笑

こんなに素敵な場所を知らないなんて!

そこで、より多くの方に奄美の魅力を知って欲しい、ぜひ足も運んで欲しいと思い、このプロジェクトの立ち上げをすることにしました!

​【一言】

​活動を通じて、奄美の素敵な文化や自然、みなさんの温かさをより多くの方に知っていただければ幸いです❣️

発信や企画を頑張ります、ぜひ応援よろしくお願いします💭🥰

【名前】MARIN

【役割】共同代表、企画運営、SNS運営、広報大使

【所属】慶應義塾大学 総合政策学部

【豆知識】

・兵庫県出身、奄美育ち!🏝

・奄美の伝統音楽である「島唄」を歌います🎶

・まちづくりに興味があり、高校生の頃に課題研究の全国大会や海外での国際大会に出場しました✏️

【MMA参加の理由】

 3歳で奄美大島に引っ越してきてから高校を卒業するまで島の温かい人々や大自然の中で育ってきました。どこからか誰かの島唄が聴こえてきたり、皆で伝統の八月踊りを踊って、夜は黒糖焼酎を片手に飛び交う集落のおじちゃんたちの分かるようで分からない方言に耳を傾けたり…😌

 この環境が当たり前だと思っていたけれど、高校生の時に奄美が深刻な過疎化に直面していることを知り、いつかは無くなってしまうんだと思うと悲しくなりました。

 そこから芽生えた「奄美の魅力を活用して島を盛り上げたい!」という思い。これは大学に入ってからも変わらず、授業で出会った2人のお友達が共感してくれたのがとても嬉しかったのを覚えています!奄美と元は関係のなかった2人の客観的意見を参考に、若者の視点で奄美について考えていくことを目的としたMMAを立ち上げることにしました。

【一言】

 皆さん、いつもありがっさまりょうた〜🙇‍♀️

これからも島の宝についてどんどん発信していきます!私たちの活動を通じて、奄美はもちろん皆さんの地域の未来についても考えるきっかけを提供できたら嬉しいです🥰💭

応援よろしくお願いします✨

【名前】KENTO

【所属】慶応義塾大学 環境情報学部 卒業

【役割】共同代表、企画提案、動画クリエイター

【豆知識】

・普段は慶応公認ライフセービングクラブで活動をしています🏊‍♂️

・物を作るのが好きなので時間さえあれば色々な創作をしています。

・ドイツ帰国です

【MMA 参加の理由】

大学の授業で現在のメンバーと出会い、奄美の大島紬の認知を上げるためのグループワークを行いました。実際に奄美に行った時には「こんな場所が日本にあるんだ!」という衝撃を覚えました。

現地の方と関わる中で大島紬や島唄をはじめとした奄美の文化に肌で触れたことをきっかけに、実際に来て自分で感じてもらう事が大切だと考えてます。

SNSではこの文化・自然の魅力の一部しか伝える事ができませんが、1人でも多くの人にこの世界に触れてもらえるきっかけを作る窓口となれたらと思います。

【一言】

私達の活動を通して奄美の認知度を上げながら、現地のコミュニティに貢献できるように努めます。

まだまだ知見等が足りていない部分もあると思いますが、今後も奄美について学んでいこうと思うのでよろしくお願いします!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *